利用者様と職員が毎日笑顔で過ごせるそんな施設にしていきたいと思います。

入社11年目 朱鷺の苑 西インター センター長

川﨑 優亮

介護職を選んだ理由を教えて下さい

小さい頃、あすなろ学園に遊びに行くことが多く、養護老人ホーム朱鷺の苑の利用者様との合同のクリスマス会などに参加する機会がありました。老人ホームの利用者様と遊んでいるなかで介助が必要な高齢者の人達の力になってあげられる事があるということを幼いながらに感じていました。介護職に進むと決めたのは高校生の時、母に進路の相談をしたことがきっかけです。「介護職はどう?」と言われてからより意識するようになり、介護職に就く事を目標に金城大学へ進学しました。今思うと介護の現場で自分が働くことが幼い頃からなんとなくイメージできていたのかもしれません。昔から身近にあった介護施設でいつの間にか働きたいと思うようになったという、私にとっては自然な流れで今に至っているように思います。

やりがいを感じるときは?

実は学生の頃は介護相談員を目指していたのですが、実習をきっかけに利用者様に近い距離で働きたいと思うようになり、現場職員として就職しました。利用者様が楽しそうに過ごされている様子を見たり、「ありがとう」と言われた時は本当に嬉しくなります。自分が誰かの力になれていると実感する度に、次は何が出来るかと意欲が湧いてきます。

思い出のエピソードを教えてください

私は、”一度来て頂いたすべての利用者様に何か一つでも楽しい思い出を作って帰ってもらいたい、またこの場所に来たいと思ってもらいたい”という気持ちで日々働いています。この気持ちが生まれたきっかけは、デイサービスの利用者様に帰り際に言って頂いた、「楽しかったよ。また来るね。」という何気ない一言でした。この方にとって私たちと過ごすこの場所は、また来たいと思ってもらえる楽しい場所になっているんだと気付かされました。利用者様に楽しい時間を過ごしてもらい、この場所が好きだと思ってもらえることが一番大切な事だと思っています。

朱鷺の苑はどんなところ?

半年前からセンター長となり、施設全体のことを考えるようになりました。利用者様に楽しい時間を過ごして頂く為にはどうしたらもっとよくなるかを現場職員と一緒に考えています。利用者様に毎日笑顔で過ごして頂ける環境をつくって、そこで働く職員も笑顔になれる、そんな施設にしていきたいと思います。

プライベートの過ごし方

シフト制なので休日の予定が立てやすく、オンオフきっちり切り替えられるライフスタイルが気に入っています。愛猫のクロとソラと時間を忘れてたわむれてのんびりした休日を過ごし、次の出勤日に向けて英気を養います。

先輩からのメッセージ

「ありがとう」と言われた時の喜びや、自分が誰かの力になれていると実感できることがこの職業の醍醐味だと思います。たくさんの人にこの仕事の魅力を体感してほしいです。